生薬



ロゴ.png


生薬・薬膳材料・漢方薬の安全性について

当薬局で取り扱っている薬膳材料は、
どれも老舗の生薬問屋さんから仕入れた、非常に品質の高いもので、食品ですが、どれも”医薬品と同じ検査”をされたものです。スーパーマーケット・食料品店・中華食材店でみかける、”食品扱い”の薬膳材料とは、検査項目のレベルが違います。
農薬・重金属・放射性物質などの厳しい基準値をクリアしてますので、ご安心してご利用ください。



カラダは”食べたもの”から作られます
体質にあった食生活がなによりも大切!

ちまたで流行るさまざまな健康ブーム。健康意識が高い人ほど、ブームに踊らされ、次から次へとあらゆる健康法をためすようです。
 けれども、誰にでもあてはまる健康法というのは、実はそれほど多くないように感じます。
 例えば、サウナ・岩盤浴・ホットヨガなど高温の環境で汗をかき過ぎることは、『陰虚(いんきょ)』タイプの人に、あまりおすすめできません。『陰虚(いんきょ)』というのは、身体の潤いが少なく、乾燥しがちな体質のこと。もともと、潤いが少ない上に、必要以上に汗をかき過ぎると、陰虚はさらに悪化していまいますよね。
 激辛ブーム・ローフード・ファスティング・朝バナナ…など、はやりの健康法を挙げるときりがありませんが、実はどれも体質を選ぶものばかり…。

大切なのは、自分自身の体質を知り、そのうえで、体質にあった食生活・健康法をおこなうこと。上記の流行りの健康法も、体質に合いさえすれば、自分の体にプラスにはたらきます。当然合わなければ、マイナスにはたらくのです。
 漢方相談なさる方は、体質がわかるため、食養生や生活習慣をふくめた「養生法」をお伝えできます。


各種 薬膳茶・薬膳酒・薬膳材料を取り扱ってます

当薬局では、さまざまな薬膳茶(薬茶)・薬膳酒(薬酒)・薬膳材料を取り扱っています。
薬局店頭で、日々の生活の中で、『忙しくても、簡単に気軽に薬膳を取り入れる!』ためのちょっとした”コツ”をお伝えします。
薬膳に初めてチャレンジする方にも丁寧に使い方をご説明しますので、お気軽にお問合せください。
※下記にいくつか薬膳材料・生薬例をのせています。他にも種類がありますので、くわしくは薬局にお問い合わせください。 TEL:03-5976-3535


各種 薬膳材料・生薬

※薬膳材料をご購入なさる専門家の方へ

  大量注文なさる際には、なるべく早めにご連絡くださいませ。
  よろしくお願いいたします。

銀耳(白きくらげ)

T2_IxXXetdXXXXXXXX_!!346956615.jpg

中医学における「肺(鼻・のど・気管支・肺・皮膚など空気にふれる部分)」と「腎(泌尿器系・生殖器系・ホルモン系・免疫系・水分代謝などを包括)」をサポートし、水では補えない深い渇きを癒して、体に必要な潤いを補います。肌や粘膜の潤いを補うため、乾燥肌・鼻やのどから風邪をひき易い人・空咳・口や喉が乾くなどの症状におすすめ。美肌作用もあります。白きくらげは、豊富な食物繊維以外に、キノコ特有の多糖類、高分子多糖体(β-グルカン)、鉄分、カルシウムが多く含まれます。また、ビタミンB群やビタミンEのほか、体内でビタミンDに変化するエルゴステリンという成分が豊富なため、カルシウムとリンの吸収を良くする働きがあります。

蓮子(れんし)

hasu_1008222.jpg

当店取扱い中の「蓮子(れんし)」は「蓮肉」とも呼ばれ、中国や台湾では甘納豆のようなお菓子として食べます。日本でよく見かけるのは乾燥したタイプで、水で煮て柔らかくしてから使います。ホクホクした食感で味にクセが無いため、お肉や野菜と炒めたり煮たりするほか、おこわ・炊き込みご飯・お粥・スープなど幅広くおいしくいただけます。効能の「健脾止瀉」(けんぴししゃ)は脾(胃腸)を丈夫にして下痢を止めるということ。「養心安神」(ようしんあんしん)は、気持ちを安らげ、精神の安定に働くという意味。イライラや気分の落ち込み、不眠などによいです。 「益腎固精」(えきじんこせい)は腎に栄養を与え泌尿生殖器系をきちんと働かせるという意味です。はすの実には、ビタミンB₁、カリウムやカルシウムなどの体をつくることに必要不可欠なミネラル、食物繊維などが豊富に含まれています。

玫瑰花(まいかいか)
大棗(なつめ)
枸杞子(くこし:クコの実)
薏苡仁(よくいにん:はとむぎ)
金針菜(きんしんさい)
山楂肉(さんざにく:さんざし)
焙じはと麦茶
焙じハブ茶
イチョウの葉
グアバの実
グアバの葉
柿の葉
目薬の木

…など。書ききれませんが、様々な薬膳材料・生薬がありますので、詳しくは03-5976-3535へ直接お問い合わせください。

書籍のご案内

9784569806532-B-1-L.jpg
※表紙画像をクリックすると,Amazonに移動します。
当薬局の薬剤師・中垣亜希子(重原亜希子)が薬膳箇所を執筆しています。店頭でも好評販売中!

※書籍のレシピに使われている、各種 薬膳材料を取り扱っております。

薬膳が初めての方も、店頭で薬膳材料の使い方をお伝えしています。
お気軽にお声をおかけくださいね。

※薬膳材料をご購入なさる専門家の方へ

大量注文なさる際には、なるべく早めにご連絡くださいませ。
よろしくお願いいたします。

ロゴ.png